無骨で、昔懐かしい。RCマンションに再現された“和リノベ”の家

東京都三鷹市 S様邸 マンションリフォーム・リノベーション


  • IMG_6979++
  • IMG_6996+
  • IMG_7009★++t
  • IMG_7001★++
  • IMG_7062★+
  • IMG_7052★+t
  • IMG_6987+
  • IMG_7046+
  • IMG_7036★+
  • IMG_7023★+t
  • IMG_7090★+
  • IMG_7104★+

物件探しからのスタート。「これまでの生活を続けられるような家」をつくるために。

オーク材と畳が並び、縦横を黒の艶やかな柱や梁が走る、独特の静けさ漂う空間です。
地方から都内へ転居するためにお施主であるS様がリノベーションに選んだのは、東京都西部の閑静な住宅地に佇む築30年以上のRCマンションでした。
高齢での住み替えということもあり、S様がこれまでずっと住み慣れてきた古き良き日本家屋のイメージをできるだけリノベーションで再現したいという要望にどう応えていくかというところから計画がスタート。様々な物件をピックアップし、選んだのが和室、静かな住宅地といった条件を備えたこのマンションでした。
リノベーションでは変更されることの多い畳や襖ですが、ここではお部屋のテーマそのもの。むしろ残すことで愛着のある家具やずっと続けてきた習慣が馴染み、変化した生活環境の中に、以前からずっとあるような寛ぎを手に入れることができました。

柱、梁、長押、垂れ壁…和の魅力溢れる“無骨”空間

もともとは区切られていた2室の壁を取り払い、代わりに残した構造が緩やかに空間を区切っています。フローリング側に和室からの長押を延長することで繋がりを持たせつつ、それぞれの床や天井、垂れ壁などに微妙な違いを持たせてバランスを取っています。
水廻り・玄関部分では明確な変化をつけており、キッチンに設けたw750のステンレス作業台は、トラッドな雰囲気にまた異なった無骨さを添えています。キッチン、サニタリーの洗面、浴室など、水廻りは全てタイルを用いて統一感を持たせ、柔らかな印象が与えられています。収納は4段のオープン可動棚の他、押入れの一部にもw384×4段の可動棚を設置しており、意匠性を保ちつつ暮らしやすさを向上させる配慮も成されています。
多くがもとの素材を再利用しているためコストを抑えることができ、思い描く理想のデザインを実現するには、まずそれに相応しい物件選びが大事であることを教えてくれる今回のケース。
まず始めに「ライフスタイル」があり、それに相応しい「リノベーションデザイン」、さらにそれに適した「物件探し」といった一連のプロセスは、まさに“リノベーションの理想の形”です。
不慣れな環境への転居でも、これまでの生活習慣を諦めることなく毎日が楽しくなるようなリノベーション空間となりました。

Before

施工前画像

Underconstruction

施工中画像

この物件についてお問合せ 〉

物件名

NマンションS様邸

所在地

東京都三鷹市新川

構造

RC造マンション4階建

築年月

1979年11月

専有面積

31.53㎡

総工事費

383万円

Before
施工前プラン
After
施工後プラン

RECOMMEND

他にもこんな事例あります。

Cuestudio 事例一覧へ戻る 〉

Instagram
ページのトップへ
現住まいでリノベへ
中古物件探しからリノベーションを始めたい
お問合せ・資料請求へ