テレワークが増えたからこそオフィス環境をリノベーションで考えてみませんか?【前編】

テレワークが増えたからこそオフィス環境をリノベーションで考えてみませんか?【前編】

明けましておめでとうございます!
昨年はたくさんの方にキュースタジオを知っていただけて、嬉しい一年でした。
おうちで過ごす時間が増えた今だからこそ、素敵なおうちで過ごせますように。
これからも皆様の暮らしを豊かにするリノベーションを手掛けられるよう、キュースタジオは邁進して参ります!
本年もどうぞよろしくお願い致します!

新年初マガジンは「オフィスリノベーション」についてです!
テレワークが増えた現代だからこそ、オフィスをリノベーションする必要はないと思われる方も多いかと思います。
確かに、以前より出社して仕事をする必要はなくなってきている部分もありますが、テレワークを経験し、会社で実際に人と人が対面して初めて生まれるものもあると感じました。
また接客業の方など、必ずオフィス・店舗が必要な方も多くいらっしゃいますよね。

今回はオフィスをリノベーションすることで、今よりもっと過ごしやすい環境に生まれ変わらせることができる!ということをお伝えしていきたいと思います!
今はテレワークをされている方も、近い将来出社するタイミングもあるかもしれませんよね。
そのときのために、“今”リノベーションを視野に入れてみてはいかがでしょうか?
社員がより過ごしやすく、お客様がより心地良く過ごせる空間を一緒に作っていきましょう!

■□■リノベーション相談はこちら■□■

オフィス環境の大切さ

オフィスというと、パソコンがたくさん並んでいて殺風景な感じを思い浮かべるでしょうか?
少し前まではそのようなオフィスも多くあったようですが、近年のオフィスには様々なバリエーションがあります!
テレビドラマではよくオフィスシーンが描かれることもありますが、その度に私は豊富なデザインがあるな~と思いながら見ています。

オフィスはただ仕事をこなす場所ではなく、他者とのコミュニケーションを生み、クリエイティブな思考を創造する場所です!
ですから、社員が過ごしやすいデスクや、豊かな発想が生まれる会議室、お客様が快適に商品を見られるなどの、オフィス環境が仕事の効率や利益に直結してきます。

テレワークが進む現代におけるメリット&デメリット

一方テレワークが進んでいる現代。
メリットも多くありますが、今まで主流でなかったからこそ課題も多くあります。
まずはメリットから見ていきましょう!

■メリット

テレワークが増えたからこそオフィス環境をリノベーションで考えてみませんか?【前編】

参考:WORKSHIFT DESIGN「テレワーク関連アンケートを徹底分析!調査からわかる課題とは?」

・通勤時間をなくすことができる
・自由な服装で仕事ができる
・資料作成や企画に集中できる
など時間を有効活用できることや、自分の好きな環境で仕事ができることが最大のメリットではないでしょうか。
またオンラインでの会議が増えたことから、きちんと準備された打ち合わせが増え、無駄が減ったという声もあるようです。

■デメリット

テレワークが増えたからこそオフィス環境をリノベーションで考えてみませんか?【前編】

参考:WORKSHIFT DESIGN「テレワーク関連アンケートを徹底分析!調査からわかる課題とは?」

対してデメリットはというと、
・何気ないコミュニケーションの減少
・オンラインでのコミュニケーションのとりづらさ
・ネットワーク環境の問題
・領収書、請求書、稟議書などの処理や決済ができない
など、やはりコミュニケーションの問題と、それぞれの環境における仕事の効率低下対面しないとできないことがまだまだあるという意見が多くあがっています。

また、在宅勤務によって個人の生産性は向上している代わりに、チームでの生産性が低下していると感じる方も多いようです。

参考:NTTコム リサーチ「テレワークと会社満足度に関する調査【前編】」

在宅で働けるからこそ感じられるメリットと、これから解決していくべき課題も多く見えてきました。
さらに非対面によりコミュニケーション不足や、運動不足など心身的ストレスの問題もあります。

しかし、日経BizGateのアンケート調査では、新型コロナウイルスが収束した後も「オフィス中心にテレワークも」が53.4%、「テレワーク中心にオフィスでも働く」が35.1%、「テレワークだけで働く」が3.9%と、テレワークを継続したいと考えている人が92.4%に達しています。

テレワークが増えたからこそオフィス環境をリノベーションで考えてみませんか?【前編】

参考:日経BizGate「『収束後もテレワーク中心に働きたい』4割 現状はストレスも」

現在テレワークをしている人の9割以上がテレワークを継続したいと答えていますが、そのうちのほとんどの人はオフィスも必要だと答えています。

オフィスの必要性とは

テレワークが進み、在宅だからこそ便利なことも多くありますが、その環境を経験した後でもオフィスが必要だと考える人が多いのはなぜでしょうか?
それは、やはり対面のコミュニケーションも大切だと改めて気付かされたからなのではないかと私は思います。

会議や打ち合わせもZOOMなどを使用すれば対面しなくても会話ができ、さらに移動時間もなくなるため、時間を非常に有効活用できます。
ですが前述した通り、人との対面コミュニケーションや、雑談を通して気付くことやひらめくことがあります。さらに直接会って話すことで楽しさを感じ、ストレス発散など精神的にも充実した時間を送ることができるのではないでしょうか。

また、なんでもネットで商品が購入できる時代になっても、直接店舗に出向き商品を購入したいお客様が絶えないのも、人と人とのコミュニケーションがあるからだと思います。
もちろん店舗に出向かないとできないことも多くありますが、“コミュニケーション”がオフィスや店舗の必要性と大きく関わっているのです。

ですからアフターコロナの時代は「オフィス×テレワーク」でそれぞれのメリットを活かした働き方をしたいものですね!

「オフィス×テレワーク」で快適な働き方を!

ここからは現在のオフィスをリノベーションすることで実現できることをご紹介していきます!
オフィスワークとテレワークのいいとこ取りで快適な働き方を実現させましょう!

■気分が上がる!

仕事においてモチベーションが高まる環境は、仕事効率に大きく影響してきますから「気分が上がる!」というのは大切です!
どのような環境でモチベーションが高まるのかは業種や、用途、目的によって変わってきますから、どのようなオフィスにしたいのか明確にしたうえで、仕様を決めていきましょう。
「気分が上がる!」環境へとリノベーションすることで、生産性が上がることや、社員の満足度が高まり離職率が下がるということも考えられます。

■集客が増える

店舗の場合は、リノベーションすることでお客様からの印象が良くなり、集客が増えることもあります。
また商品が見づらい、店舗の雰囲気と企業のイメージが合っていないなどの問題を、リノベーションで解決することができます!

■企業イメージの向上

オフィスは企業の顔とも言えます。
ブランディングに沿ったオフィスを作ることで、他社に自分の企業について知ってもらうことやイメージの向上に繋がります。
社員だけでなく、オフィスに訪れてくださった方にも良い印象と居心地の良さを感じてもらいたいですね。

まとめ

テレワークが進んだ現代だからこそ、対面コミュニケーションの大切さに改めて気付くことができました。
テレワークだけでなくオフィスも活用して、生産性の高い仕事ができるように、オフィスについて今一度考えてみてはいかがでしょうか?
次回【後編】はキュースタジオが施工したオフィスリノベーションの事例をご紹介いたします!
最後までお読みいただきありがとうございました!

CATEGORY

Recommend

他にもこんな記事あります。

ページのトップへ
<サイドバー表記>