イベントレポート リノベーションシェアハウスのシェア畑でホップ収穫祭!@世田谷区瀬田


magazine-sharehouse-photo01+

こんにちは。設計担当の浜田です。

今年は、暑い夏は少し短めで、早くもだんだんと秋めいてきましたね。

食品売り場に並ぶ、秋の食材に心奪われる毎日です。今回は、そんな秋の始まり9月3日に、惠美ファームテラスの畑で行われた、収穫祭の模様をレポートします!


惠美ファームテラスとは?


惠美ファームテラスは、二子玉川駅から徒歩16分、閑静な住宅街の中にある、古い一戸建てをリノベーションしたシェアハウスです。

惠美ファームテラスは、Cuestudioのリノベーションにより、1年半ほど前にシェアハウスに生まれ変わり、バレッグスが物件の管理をしています。

さらに、設計を担当したわたしは、惠美ファームテラスの住人でもあるんです!

この物件には、もともと広い庭がありました。

magazine-sharehouse-photo02

↑リノベーション前は、木々がとても大きく、生い茂っていました。

シェアハウスとして生まれ変わる際に、ここに住む人たちや、街の人たちが、よりコミュニュケーションを取ることのできる場となるように、この庭は、畑へと変わりました。

magazine-sharehouse-photo03

IMG_3605-

IMG_3611+
↑リノベーションが完成したときの写真です。外壁も塗り替えられ、同じ物件ですが、印象がまったく違いますね。


世田谷ホッププロジェクトのみなさんと畑をシェア


惠美ファームテラスの畑は、もちろん入居者も使うことができるのですが、現在、一部を『世田谷ホッププロジェクト』のみなさんに使って頂いていて、今回の収穫祭も、世田谷ホッププロジェクトのホップを中心に収穫しました。

世田谷ホッププロジェクトは、世田谷の地ビールをつくる、『ふたこビール』のみなさんが中心になって、街中にあふれるホップグリーンを目指して、ホップの育て方をみんなでシェアしたり、収穫したホップを使ったビールで乾杯したりしています。

世田谷区内のいくつかの畑でホップを育てていて、惠美ファームテラスの畑もその中の一つです。

magazine-sharehouse-photo04

春に苗を植え、単管パイプで棚を作ったり、肥料をやったり、数ヶ月でまるでカーテンのように、大きく大きく伸びていきました!

ついに実ったホップをみんなで収穫です!

magazine-sharehouse-photo05

一年目では、あまり大きなホップは実らないようですが、惠美ファームテラスの畑は、土にとても栄養があるようで、思っていた以上に大きな実がたくさん採れました。

magazine-sharehouse-photo06

みなさん、収穫おつかれさま!

magazine-sharehouse-photo07

収穫のあとは、ビールで乾杯!!

magazine-sharehouse-photo08

獲れたてホップを浮かべて香り豊かなビールを楽しんだり、

magazine-sharehouse-photo09

ピザ釜で焼いたピザや、ナスにホップを薬味のように乗せて味わってみたり。

magazine-sharehouse-photo10

苦味と香りが食欲をそそります!

瀬田の畑では、ホップを植える前に、麦を種から栽培していました。

magazine-sharehouse-photo11

こちらの麦は、焙煎して

magazine-sharehouse-photo12

麦茶に変身!

magazine-sharehouse-photo13

麦の香ばしい香りと深い甘みのある、普段では味わえない、おいしい世田谷麦茶になりました。

magazine-sharehouse-photo14

はじめて出会った人たちと、畑や植物、食べ物、ビールを通して、時間をともにすることで、あっという間に距離が縮まり、仲良くなれます。

そんな場所が、二子玉川にあるなんて素敵ですよね。


古い建物の持つ力


ここ惠美ファームテラスは、もともと住んでいた方や、ご近所のみなさんから、とても大事にされている場所で、わたしは、この物件のリノベーション設計を担当して、この場所の持つ素敵な雰囲気や、建物に魅了されました。

シェアハウスとなり、実際に自らの設計した場所に、自分が住まい、他の入居者や利用者が集まる様子を見ることができて、とても贅沢で幸せだなーと感じる毎日です。

ここは、築約60年ほどの物件で、冷暖房が効きにくかったり、虫が入ってきやすかったりと、建物の性能はとてもいいとは言えないかも知れないけど、季節を肌で感じられて、たくさんの人があつまることのできる、この場所が、やっぱりわたしは大好きです。

新築に比べると、不便さや、温熱環境などの快適でない部分が残ることもありますが、その場所の持つ魅力や、昔からの使われ方、そこを使う人たちが建物と一緒につくってきた歴史を維持していけるのが、リノベーションの魅力であり、リノベーションだからこそできる住まい方の提案につながっていきます。

惠美ファームテラスは、数年間空き家になっていた古民家を、一戸建ての賃貸物件とするのではなく、広いリビング付き、畑付きの5人が住めるシェアハウスにコンバージョンしました。

このように、空き物件の再利用をお考えの場合は、Cuestudioでは、建物の用途からご提案させて頂くことができます。

magazine-sharehouse-photo15

惠美ファームテラスに住んでいるのは、20代の女性が多いです。職種こそさまざまですが、転職で遠いところから上京してきていたり、シェアハウス暮らしが楽しそうだからといって実家から出てきてみたり、みんなフットワークが軽く、新しい楽しい環境が好きな人たちが多いです。

シェアハウスに興味を持ってもらった方からは、シェアハウスの中でケンカしたりしないの?なんてよく聞かれますが、惠美ファームテラスでは、一度もケンカは起こったことがないです。笑

ですので、シェアハウスに住むことを検討中の方は、ご安心くださいね。

実は今、惠美ファームテラスでは、空室が出て、入居者を募集しています。

二子玉川の畑付きシェアハウス。とても貴重な物件です。

都内に住みながら、四季を感じて、楽しい生活をしたい方にはおすすめです!

IMG_3592+

リフォーム・リノベーション事例032
『リノベーション×シェアハウスで菜園を育てながら満喫するスローライフ』
http://www.balleggs.com/portfolio/renovation032/

CATEGORY

RECOMMEND

他にもこんな記事あります。

Instagram
ページのトップへ
現住まいでリノベへ
中古物件探しからリノベーションを始めたい
お問合せ・資料請求へ