断熱+耐震で実現する戸建リノベーションのお手本スタイル 密着レポ①施工中編


photo00

こんにちは。設計・渡邉です。

 

 

みなさん、一戸建てリフォーム・リノベーションをしたいとお考えになったことはございますか?

今回、お施主様が子供の頃からずっと過ごしてきた東京・練馬区にあるご実家を、断熱改修+耐震改修し、親子で暮らす新しい住まいにするためのお手伝いをさせて頂きました。

 

photo01

 

1.住み継いでいく

今回の現場レポートで紹介するのは、練馬区にある築40年の木造2階建て、約80㎡の住宅。

ご両親と娘様の3人住まいのこのご実家には、40年間の家族の軌跡や数々の思い出が詰まっていました。

天井が高い造りや雪見障子の和室など、随所にこだわりが見られるお住まいで、大切に住み継いでこられた形跡を感じることができました。

 

photo02

 

ただ、性能においては、今のような断熱性能を有した外壁や窓ではなく、独立基礎の床下やサッシの隙間から冷気が入ってしまう状態となっており、耐震に関しても当時の基準での造りなので、家族がこれからも長く住み継いでいくことを考えると、今回、しっかりとした断熱改修と耐震改修を行う必要がありました。

 

2.制度のフル活用

実はこちらのお施主様は、弊社が一昨年、設計施工をさせて頂いた新築戸建住宅のお施主様のご友人で、ご紹介というカタチでお話がスタート致しました。

「いろんな要素があって困っているから何とかしてあげてほしい」とご依頼があり、ワンストップでさまざまな工事に対応している弊社に、お話を頂いたという流れです。

 

断熱性能を上げて耐震性能も上げる。

この2つの要素にはそれぞれ助成金と補助金を利用することができます。

今回の耐震補強工事は、練馬区の「耐震化促進事業」に則って行うことで、助成金を頂いています。

また同時に、「住宅ストック循環支援事業」も適応させて断熱改修工事を行い、補助金を利用しました。

 

下の写真は解体→耐震補強、断熱改修工事間もない様子で、いわゆる「戸建てスケルトン」の状態というものです。

 

 

photo03

 

マンションのスケルトンとはまた違って、年月の経過したあたたかみを感じます。

そしてよく見ると、古い木と新しい木が組み合わさっているのが分かります。上のほうには梁を補強する金物も見えますね。

このような補強を家屋全体に施していきます。

 

3.ひとつでも多くの感動を

ただ、助成金や補助金を獲得するためだけに断熱や耐震をやるわけではありません。

当然、前の家のように冷気が上がってこないように、かつ、しっかりと耐震性能のある家に生まれ変わるように気をつけながら工事を行いました。

 

photo04

 

床下は土間打ちを行い、必要であれば現場で梁を補強する工事を追加しながら、お施主様が今後住み継いでいく中で、ひとつでも多くの感動が生まれるように、現場を進めました。

 

 

4.暮らしと地域を紡ぐ

 

photo05

 

長年慣れ親しんだ地域と、そこでの数え切れない暮らしと想い。

戸建てを、建て替えるのではなくリノベーションし、再び住み継いでいくことは、それらの想いを、将来にわたって家そのものが紡いでいくことだと思います。

 

わたしたちは、そんなお施主様や地域で暮らす方々の想いをうけて、永く快適な暮らしが実現するようにお手伝いができればと思っています。

 

photo06

 

次は竣工レポートですね。
その際は間取りのポイントやリノベ全体の費用などについてもお話させていただければと思います。
ぜひお楽しみに。

CATEGORY

RECOMMEND

他にもこんな記事あります。

Instagram
ページのトップへ
現住まいでリノベへ
中古物件探しからリノベーションを始めたい
お問合せ・資料請求へ