実はリノベ業界で珪藻土(けいそうど)が流行っています!

こんにちはWEB担当の工藤です。

本日は最近話題の「珪藻土」について、お伝えしていきます!
なぜ人気なの?どんな効果があるのか?どんな空間で使用しているのか?などなど疑問を解決していきましょう!

■□■豊富な事例を掲載中!弊社リノベーションの施工事例を見る■□■

まず珪藻土とは?!

珪藻という植物プランクトンの死んだ殻が化石になった土のことを言います。
実は、生物の原点は珪素にあります。どういうことかというと、シアノバクテリアは地球上で食べられる有機物が何一つない環境の中で、無機珪素を食べ続け進化し食物連鎖を繰り返したからです。

珪藻土のメリット・デメリットは?!

まずはメリットから!

■部屋の湿度を調節してくれる

住宅では【壁】に塗ることが多いです。夏は暑く湿気がとても多い。その場合は湿気を吸収してくれます。冬は寒く乾燥している。その場合は放出するので結露対策建材としても活躍します。
水を吸収する吸水性も非常に高いので、最近ではバスマットや石鹸置き、歯ブラシスタンドなど水周りによく置くプロダクトに使用されます。

■消臭性がある

実は、先程お伝えした調湿性能と関係が高いのです!
「消臭性能」もより効果を発揮するのは調湿性のおかげです。
湿気を吸収すれば臭いも消えていくのです。

--------------------------------------------------------------

次にデメリットです!

■ヒビが入る可能性も、、、!

一般的なご家庭で使われているクロスとは違い、珪藻土は素材がそもそも土のため、ヒビが入る可能性があります。
ヒビが入らなくても、ポロポロと粉のようなものが落ちることも・・・。

■吸水性が高いので、シミになりやすいかも!

珪藻土は室内の湿気を吸収する働きがあります!
しかし、コーヒーや醤油をこぼしてしまった場合は、シミになる可能性があります。
万一、色の濃いものをこぼしてしまった場合は、すぐに拭き取るようにしましょう!!

弊社の事例で、初珪藻土を使用した物件があります!

施工事例
施工事例
施工事例

柱の部分はすべて珪藻土が塗られています!
白い塗装よりも少し荒く、味のある仕上がりに。
LDKの空間に使用しても、デザイン的にインダストリアルテイストなどかっこいい事例にもってこいの素材です!

--------------------------------------------------------------


サニタリー部分に!
水を多く使用する場所に、珪藻土は強いのです!

他にはココ!!
施工事例
施工事例
施工事例
施工事例

トイレに!
水を多く使用する場所であり、消臭も気になる場所!
そんな場所に珪藻土を使用するのは120点です◯

--------------------------------------------------------------

まさかこんな場所にも、、、
施工事例
施工事例
この物件にはロフトがあり、その階段や壁に珪藻土を使用している。
空間のテイストにナイスマッチ!

これからのリノベトレンドとして、、、

アクセントクロスやサブウェイタイル、モールテックスなど様々なリノベトレンドがありました。
もしかしたらこれからは『珪藻土』が流行るかも!
なぜなら、珪藻土を使用すると空間に大きくメリットを与え、デザイン的にもすごくかっこいい仕上がりになるでしょう!
インダストリアルやブルックリン、そんなテイストにとても向いています。

CATEGORY

Recommend

他にもこんな記事あります。

ページのトップへ
<サイドバー表記>