新入社員奮闘記 喜びと感動の暮らしへの第一歩!! リノベーション現場レポート プレゼンテーション~解体工事編

新入社員奮闘記 喜びと感動の暮らしへの第一歩!! リノベーション現場レポート プレゼンテーション~解体工事編

はじめまして!新入社員、施工担当の浅野です。
四月に入社して、暖かくなってきたなと思ったらもう四月も終わりそうでびっくりです。
さて、私は大学でも建築を勉強してきましたが、正直現場のことはまったく知りません!
しかしだからこそ、これを見てくださる多くの方の視点に寄り添うことができると思います。
そこで、まさにこの四月に着工したばかりの中古マンションのリノベーション工事が、どう始まり、どのように工事が進んでいくのかを、皆様と一緒に勉強していきたいと考えています。
よろしければどうぞお付き合いください。
 

現地調査~プラン決め

今回の現場はマンションオーナー様が自身で所有するマンションのお部屋を改装工事する、いわゆる「賃貸リノベ」!
 
お施主様のご希望は、キッチン、バストイレなどの設備更新とリビングの間取り変更とのこと。
プラン決めをするにあたり、まずは現地調査をして、間取りにかかわる寸法という寸法を測ります。
そして、測り取った寸法を元に「白図」という現地状況を示した図面を作成します。

 

白図

 

「白図」を元にして、いざ、プランを練って検討、検討、さらに検討を重ねます。

 

3Dビジュアルの作例

 

3Dや模型を作成し、試行錯誤を繰り返します。
 

解体工事はリノベーションの中で「最も」大事な工程のひとつ

さて、プランも決まり早速解体!!といきたいところですが。。。
 
解体は、リノベーション工事の中で「最も」大事な工程のひとつ、といわれています。
なぜなら、新築工事では絶対に行われない工程であり、解体不足によってその後の工事が進められず、工期が遅れてしまう原因になり、解体しすぎてももちろんその分の費用がかかってしまうからです。
 
なので、解体着工前に物件担当する営業、設計そして施工全員交えての現地確認を数度おこないます。
各担当の意見すべて出し合って、完成の姿まで全員がイメージできるまで、徹底的に行います。
 
レーザー測定器等もフル活用、写真左の壁も解体、撤去します。
 
レーザー測定器等もフル活用。
写真左の壁も解体、撤去します。
驚きのビフォーアフターはいかに……。
 

ついにリノベーション工事着工!!ドキドキの解体工事!!

現地での打ち合わせや確認を十分行ったら、ついに着工します。

私自身も始めての施工現場!綿密な段取りがあったとはいえ、ドキドキです。
 
解体中の様子
 
リビングと奥の居室の間仕切壁もごらんの様子、ど迫力かつ丁寧な職人さんのお仕事に浅野、圧倒されっぱなしでした。
実質二日間の工事を終えて、、、解体完了!!
 
実質二日間の工事を終えて、、、解体完了!!
 
すっきりした広々空間に!提案したプランの姿が徐々に見えてきました!
解体後の現場を再度測定調査して、さらにプランの詳細をつめていきます。
 
いったいどんな空間ができるのでしょうか、完了予定は5月ごろ。
次回、完成編でお会いしましょう。それまでの私自身の成長も楽しみにしてください!
 
それでは、また!
 
・物件名 NマンションK様邸
・所在地 東京都品川区上大崎
・構造 RC造マンション地上4階地下1階建
・築年 1982年9月
・専有面積 62㎡

CATEGORY

Recommend

他にもこんな記事あります。

ページのトップへ
現住まいでリノベへ
中古物件探しからリノベーションを始めたい
お問合せ・資料請求へ