多様な異文化が集う寛ぎの“カフェオフィス”リノベ

東京都 品川区 店舗オフィスリフォーム・リノベーション


  • DSC_0136+-min
  • DSC_0144+-min
  • DSC_0130+-min
  • DSC_0138+-min
  • IMG_8564+t-min
  • P9250145+-min
  • DSC_0147+-min
  • IMG_8587+-min
  • IMG_8599+-min
  • IMG_8622+-min
  • DSC_0146+-min

“ヴィンテージ”דグローバル”の多目的ビジネス空間

カフェのようなビジネスオフィス兼店舗の多目的リノベーションプラン。
テーマはずばり「異文化コミュニケーションとカフェの融合」。
エントランスのガラス一面からはいつでも光が差し込み、開かれた空間としてお客様を迎え入れます。
日本に滞在する外国人が多く訪れるオフィス兼店舗であることから、「居心地の良い空間づくりを目指すと同時に、自由で縛られないオフィスにしよう」、そんな思いから、よく見られる固定カウンターや重量のあるビジネスデスクを使わず、可動性のあるインテリアでコーディネート。
イベントスペースとしても使え、目的に合わせた再配置が簡単にできる構成となっています。

テクスチャ、インテリアの統一感

カフェテイストのテーブルは、古木調仕上げのパイン無垢材。
ベンチと組み合わせたグリーンのスツールは、あえてキッズサイズを選び、「決めすぎない」リラックス感を演出しました。
壁は主に白とベージュの珪藻土を用い、ネイビーの塗装壁が空間を引き締めるアクセントとなっています。
そしてさりげなく空間の主役となっているのが、店舗エリアとオフィスエリアとを区切る壁。ヴィンテージ風のスギ材羽目板とガラスとが空間をゆるやかに仕切ってくれ、インテリアとの調和だけでなく、窓の面積を極力多く取ることで、「パブリック」と「プライベート」をそれほど意識することなく、より寛いだ雰囲気で歓談いただける演出となっています。
オフィスには約4mのテーブルを造作・加工し、素材感の統一はここにも表れています。
どこの国でも、どんな人でも、落ち着けるのが「カフェ」という空間。
“共通言語”としてそういったテイストを盛り込み、多様な異文化と人が集まり、誰もが寛ぐことのできる空間へと仕上がりました。

Before

施工前画像

Underconstruction

施工中画像
施工中画像
施工中画像

この物件についてお問合せ 〉

物件名

Sビル

所在地

東京都港区高輪

構造

15階建地下1階

築年月

1990年

After
施工後プラン

RECOMMEND

他にもこんな事例あります。

Cuestudio 事例一覧へ戻る 〉

Instagram
ページのトップへ
現住まいでリノベへ
中古物件探しからリノベーションを始めたい
お問合せ・資料請求へ