リノベーション施工事例 Case Study

モノトーンを基調にした居住空間×ワークスペース

東京都杉並区I様邸マンションリノベーション

ディティールにこだわったシックな空間

住み続けているご自宅をリノベーションする決意をしたI様。
このご時世でワークスペースとプライベートスペースの見直しをしました。

空間のテーマは「モノトーン」。
とてもシックな空間に仕上がりになりました。
空間の細かい部分をみると、大胆な素材を選定しています。
例えば、サニタリースペース。
洗面のタイルは彫刻のように繊細なデザインになっていて、扉を開けていても視覚的に愉しいです。
調光調色の照明を入れているので、光の色味で空間の表情が変わるのもお客様のお気に入りポイント。
続けて、テレワークスペースにも珍しい床材を使用。
ボロン(スウェーデン生まれのビニル織物床タイル)という織物床タイル。
フローリングだと傷つけてしまう書斎チェアのコロコロ対策に、
オフィス等でよく用いられている床材を選定。
新しい空間を長く大切に使っていただけるように。

空間の細かいところまでこだわり抜いたご自宅になりました!

好きな空間で暮らす。働く。

プライベートスペースでは、自由に楽しくありのままの姿で暮らす。
ワークスペースでは、集中できる空間でありながらも、働いていて気持ちのいい空間でありたい。

それぞれの空間の過ごし方が異なるので、様々な仕掛けを施しました。
まずはプライベートスペース。
お客様はお酒を飲むことがお好きで、ハイカウンターにハイチェアを設置して高級なバーのようなキッチン空間になりました。
またキッチンの空中棚は、お酒のおつまみを入れたりと、
自宅での晩酌がより癒し空間へと繋がっています。
次にワークスペース。
今はやはりZOOM会議が主流となっているので、音対策として吸音素材の天井にしています。
またワークスペースは特にこだわり、
自宅に居ながらも仕事モードへスイッチを切り替えられるよう集中出来る設えになっています。

こんな素敵な空間で働けるのは多くの人の夢ではないでしょうか?

図面・概要

物件名

EマンションI様邸

所在地

東京都杉並区

構造

SRC造

築年月

1995年10月

専有面積

53㎡

家族構成

-

施工費用

1000万円以上

リノベーション間取りプラン
ページのトップへ
<サイドバー表記>