リノベーション施工事例 Case Study

落ち着いたテイストの中にアクセントのある戸建てリノベ

東京都世田谷区 Y様邸戸建

既存部分を大切に、新しい可能性を引き出す

今回はY様のご実家のリノベーションを行いました。
耐震補強・断熱を行い、性能としての価値を上げつつ新しいお部屋へ改装を行いました。
戸建は基礎等がある為、あまり間取りを変えられませんが、耐震上残せる壁は残して、広く感じられるような間取りへ変更しました。
特にリビングに関しては、とても広くなり家族団らんの場として非常に快適な空間になりました。
また、落ち着いたブルーのアクセントクロスが目を引きます。
落ち着いた木の色味にとてもマッチしています。
広いリビング空間に一部既存の柱を残し、新たにそこにニッチを作りました。
これがリノベの醍醐味ですね。
既存を活かし新しい価値に変化させ、より素敵な空間に。
ニッチの部分には小さめのダウンライトを入れて、おしゃれなニッチへ。

暮らしやすい動線を考え抜く。

リノベーションの面白い一つの要素は動線です。
暮らす人の従来の動線・未来の暮らし方を踏まえて空間を作り込む。
Y様の場合は、収納がほしいという要望から、ウォークインクローゼットが確保出来るように間取りを変更しました。
そのため収納面や家事動線を特に工夫しました。
毎日使用する場所だからこそ、ストレスのないように動線を考えました。

図面・概要

物件名

Y様邸

所在地

東京都世田谷区

構造

木造

築年月

-

専有面積

約110㎡

家族構成

夫婦+子ども2人

施工費用

1000万円以上

リノベーション間取りプラン

Recommend


他にもこんな事例あります。

ページのトップへ
<サイドバー表記>