リノベーションにかかる費用

リノベーションにかかる費用

「材料費」と「工事費」で成り立つリノベーションの費用を把握

リノベーション費用は主に、使用する設備機器や建材などの「材料費」のほか、それらを実際に取り付ける大工さんや職人んさんなどの人件費としてかかる「工事費」で構成されています。使う材料の量やグレード、施工にかかる日数や人数などで費用が決まります。
例えば、床と壁を張り替えるだけの工事内容より、塗り壁や収納棚を造作するほうが手間がかかるため、材料費、工事費が高くなります。
こうした仕組みを把握しておけば、もしイメージしていたリノベーションのプランが予算を超えてしまったとき、材料やプランを見直すことで、予算内に収めることができます。

40㎡~=420万円~
50㎡~=500万円~
60㎡~=570万円~
70㎡~=630万円~
80㎡~=690万円~

解体後にリフォーム・リノベーションの費用が変わる理由

水まわりの位置変更の際、床下の配管スペースが確保できない → 増額
梁柱、給排水管が腐食していた → 増額
戸建てリノベーションの際、天井梁をデザインとして取り入れて活かす → 減額
床の張替えリフォームの際、状態の良い既存下地を活かす → 減額

箇所別リフォーム・リノベーション費用の目安

リビング編

リビングは生活の中心となる場所のため、ここによって家全体のトーンが決まってきます。床の素材はどうするか、壁は塗装かクロスか、リビングを中心にコーディネートしていったほうが、他の部屋との相性や購入する家具などと比較しながら進めることができます。
空間の部分で多いのが、リビングとダイニング間仕切り壁を取り払い、大きなLDK空間をつくるというケース。これぞリノベーションの醍醐味!というような既存の間取りでは得られなかった家族の団らん空間での暮らし方ができます。ですが、リビングとダイニングで違う床材を使っていたら? 取り払った箇所を補修する大工さんの工事費は? というように、費用に関わってくるポイントです。

工事費目安 00万円~000万円  床張替え+壁の変更:00万円

キッチン編

リビングと同じくらい要望が多いのがキッチンです。築20~30年の中古マンションや一戸建てだと、キッチンが壁付けになっていることが多く、さらに北側を向いていることがあり、暗く閉鎖的なスペースになってしまっていることがあります。そこで対面式のキッチンにリフォームし、場合によっては位置を変えることもしばしば。
そこで関わってくるのが、給排水管の延長、ダクトの延長といった部分や、キッチン変更に伴う床・壁の修復費用など。対面式にした場合、LDK全体の内装とも関係してくるため、内装の解体費用、仕上げ費用とも関わってきます。
そしてシステムキッチンか造作キッチンか、キッチンのグレードはどれを選ぶかによって、費用が変わってくるので、予算を抑える際は、本当に必要な機能だけが付いたグレードを採用するなど、あらかじめイメージしておくとスムーズに決めることができます。

工事費目安 00万円~000万円  キッチン入れ替え+位置変更:00万円

居室編

使いづらかった和室を書斎にしたり、お子様の成長に合わせて子ども部屋を設けるなど、家族のライフステージに合わせてリフォームされることの多い居室部分。押入れをクローゼットに変える、畳をフローリングに変えるなどといった工事が多く、お子様の勉強机を造作するといったリノベーションならではの要望も多くあります。
あるいは居室をひとつ潰して、丸ごとウォークインクローゼットにするなど、実はアイディア次第でかなり悩ましい場所でもあります。
和室から洋室にする場合、畳→フローリングの他、襖はドアに、押入れはクローゼットとなることがほとんど。その箇所が多いほど、建材費用に関わってきます。
ここでの予算の調節ポイントは、建具の選び方。リビングやサニタリーのドアと統一するなど、お部屋全体のトーンに左右されるので、例えば、「寝室は寝るだけ!」といったイメージであれば、ここだけ内装仕上げをコストを抑えたものにする、あるいは収納をオープンクローゼットにし、その分建具の数を減らすといったやり方が挙げられます。
最近ではもとの和室の既存を活かして、畳を縁のない琉球畳に替え、モダン和室にするといったケースも増えています。

工事費目安 00万円~000万円  押入れ→クローゼット交換:00万円

浴室・洗面スペース編

浴室・洗面スペースは、築年数の古さやお部屋の広さとかなり関わってくるところ。㎡数の少ないマンションだと、床面積を稼ぐために多点ユニットを採用しているところもあり、やがて家族が増えていく場合、この使いづらさは解消したいところ。
さらに古い中古マンションだと在来工法の浴室がほとんどで、壁や床、浴槽の劣化といった見た目の問題だけでなく、給排水、給湯の配管が劣化していれば、詰まって機能しないなどの危険があります。在来工法からユニットバスへ変更する際に見えない部分も一緒にチェックするとともに、設備のグレードによって費用がかなり左右されるので、シンプルで必要最低限のものを選ぶことで予算を抑えることができます。

工事費目安 00万円~000万円  在来工法→ユニットバス変更:00万円

トイレ編

部分リフォームでは最も多い要望のある箇所で、かつ機能性が求められるトイレ。タンクレストイレを採用するお施主様も増え、見た目がすっきりし、掃除がしやすいといった利点があります。ただし高層階のマンションでは水圧の問題を考慮する必要があり、さらに手洗い器を新しく追加する必要もあります。手すりの設置、段差解消など、バリアフリーを目的としたリフォームもあり、暮らしの形によってかけるコストが変わってくるので、必要最低限にとどめ、その分内装にこだわるなど、配分するイメージをあらかじめ持っておくと、費用を抑えることができます。

工事費目安 00万円~000万円   新規取替え:00万円

屋外編

主に一戸建てのリフォーム・リノベーションで行われるのが外装のリフォーム。塗装の塗り替え工事、防水工事がメインですが、屋根や下地が傷んでいる場合は、重ね葺きや葺き替えも。足場を組むことになり、その分の費用もかかります。マンションでの屋外工事はバルコニーにウッドデッキを設置するなど。どちらかというと「新しくプラスする」項目なので、予算に余裕ができた場合はチャレンジ!、というところで、比較的、優先順位をつけやすい箇所といえるでしょう。

工事費目安 00万円~000万円  外装塗装:00万円

さいごに

とことんこだわって、自分だけのオリジナルの空間を手に入れられるのがリノベーションのメリット。とはいえ、本当に大事なのは「暮らしやすさ」や家族で住む場合は「みんなが満足できるか」が重要。
必要以上に費用をかけても、反対に、必要以上に費用を抑えても、「理想の暮らし方」に合っていなければ、本当の満足は手に入りません。
住んでみて「ああすればよかった……!」ということがないように、わたしたちがしっかりご提案します。
素敵な空間をつくるアイディアはたくさん、本当にたくさんあるので、ぜひ一度、ご相談からはじめてみてはいかがでしょうか。サンプルをずらっと並べて、「ううん……」とプランを考えていく中で、あなただけの理想のカタチが見つかるかもしれません!

Instagram
ページのトップへ
現住まいでリノベへ
中古物件探しからリノベーションを始めたい
お問合せ・資料請求へ