リノベーション施工事例 Case Study

白×シンプルモダン。ムダのない洗練された家族の空間

東京都大田区A様邸 マンションリノベーション・リフォーム

実際以上に広くゆったり感じられる床・タイルとスペースをムダにしない空間構成

二人のお子様の成長を機に、ご家族が所有されるマンションをリノベーションして移り住んだお施主様・A様ご家族。
リノベーションのテーマはずばり、「白」と「シンプル」。
LDKや寝室、子供部屋などの居室は、全て白い床材で統一、約16帖のLDKですが、空間はそれ以上に広くゆったりとして感じられます。
さらに廊下やサニタリー部分に採用した鏡面タイルが、より洗練された印象を与えています。
「本当は床全部をタイルにしようとも思っていました。ですが予算や過ごし方など、いろいろ検討していく中で現在の形になりました。実際に住んでみると、このほうが良かったと感じています」と仰るT様。
同じように、収納スペースも検討を重ねた結果、現在のウォークインクローゼットを寝室のみに設けるプランへ変わりました。
「はじめは、子供部屋やLDKにクローゼットがあるプランも提案してもらっていましたが、そうすると居室が狭くなるのが気になりました」。
その代わりに、LDKのクローゼットを予定していた部分には、ダウンライト+飾り棚を設けました。
お気に入りのオブジェやちょっとした小物を置くことができるため、たいへん重宝しているそう。
キッチンも、最近よく見受けられる「II型」や「アイランド型」をあえて採用せず、自由度の高い家族の団らんスペースを確保できるようI型キッチンを採用し、ここにもお施主様の住まいに対するこだわりが反映されています。

シンプルの中にも質感や色味で空間にアクセントを設けて個性を演出。

LDKの一部壁に設けた重厚感のある質感のタイルは、アクセントとしてだけでなく、調湿や消臭の効果などの実用性も兼ね備えています。
インプラス(二重窓)では、「今夏はエアコンを一機つけるだけで、十分家全体が涼しく、快適に過ごすことができた」とこれまでの住まいでは考えられないほどの快適さに驚いたそう。
ひんやりとした鏡面タイルの裸足の心地よさは、愛犬もご満悦の様子。
一方で、お子様のそれぞれのお部屋には遊び心をプラス。
上の男の子のお部屋にはブルーのアクセントクロス、下の女の子お部屋にはピンクのアクセントクロスで個性を演出。
「シンプルで実用的こそ一番」という言葉がぴったり当てはまるような、ご家族で築いていく新たなひとときに、欠かせないものがたくさん詰まったリノベーション住まいの誕生です。

図面・概要

物件名

AマンションA様邸

所在地

東京都大田区

構造

RC造マンション6階建て

築年月

1989年12月

専有面積

71.00㎡

家族構成

夫婦+子供2人+愛犬

施工費用

約1,017万円

リノベーション間取りプラン
ページのトップへ
現住まいでリノベへ
中古物件探しからリノベーションを始めたい
お問合せ・資料請求へ