施工事例 Case Study

しっかり断熱+耐震。親子で暮らす戸建てリノベーションの“お手本”住まい

東京都練馬区下石神井 T様邸 戸建リノベーション・リフォーム


ご実家の戸建てをスケルトンからフルリノベーション!助成金を活用しながら「断熱改修」+「耐震補強」し、親子で永く暮らせる住まいへ

ご両親と娘様の3人住まいのこのご実家には、40年間の家族の軌跡や数々の思い出が詰まっていました。
ですが、断熱性能を有した外壁や窓ではなく、耐震に関しても当時の基準でのつくりだったため、家族がこれからも長く住み継いでいくことを考え、今回のリノベーションと同時に、しっかりとした断熱改修と耐震補強を行うことに。
耐震補強工事、断熱改修工事ともに各諸制度の基準を満たす施工を行い、そのため助成金や補助金を活用したコスパに優れたリノベーションでもあります。
外構・外壁工事も行い、周囲との調和も考慮しながらグレーベージュ色と黒に塗装しています。
お施主様の「ほんのり和モダンテイスト」なイメージは、建物の形状や佇まいはそのまま活かすことであえて、和テイストを意匠的に盛り込むことなく、全体の印象がモダンになるように工夫しています。

昔懐かしい“一戸建て感”を大事に。過度に変えずに、家の面影をスライドさせるリノベプラン

1Fは床のチークの色と、残した柱やキッチンや棚にアクセントとして濃いブラウンを配し、家具との調和も図られています。
ブルーグレーの壁に近いダウンライトはユニバーサルとし、またスポットライトを使い分けることで、シーンによってさまざまな照明演出ができる空間となっています。
LDKを広げたことで生まれた1本の柱は、戸建てリノベでとても大切な質感を空間全体に与えてくれます。
それを軽やかに受け止め品を生み出すためにも、このブルーグレーの色が活きています。
2Fには、もともと3つの部屋がありましたが、中央の部屋を2つに分けることで左右の部屋に吸収させ、それぞれに広い2部屋をつくっています。
それぞれに大きな本棚を設け、その背面をネイビーに、棚を濃いブラウンでまとめ、落ち着きのあるスキッとした大人のプライベート空間を演出しています。
天井を解体した際に「味のある梁だからこのままアクセントとして見せるのもいい」と、工事中に急遽あらわしに変更した梁は、その後、金具を取り付けてハンモックを設置できるように。
その柱を利用して可動のスポットライトを設置したり、読書スペースを演出したりと、新しい空間にうまく溶け込んでいます。
断熱、耐震、外壁、内装と、フルコースで行いつつ、制度や家の面影を上手く利用した戸建てリノベーションのお手本のような事例となりました。

Before

施工前画像
施工前画像

Underconstruction

施工中画像
施工中画像

この物件についてお問合せ 〉

物件名

一戸建T様邸

所在地

東京都練馬区下石神井

構造

木造2階建て

築年月

1978年

専有面積

80.24㎡

家族構成

ご両親+お施主様

施工費用

1470万円(耐震・断熱・外壁費約600万円)

Before

施工前プラン
After

施工後プラン
ページのトップへ
現住まいでリノベへ
中古物件探しからリノベーションを始めたい
お問合せ・資料請求へ