アンティークブルーのジブンだけ空間

東京都 目黒区 マンションリノベーション


  • IMG_1207+-min
  • IMG_1211+-min
  • IMG_1222+-min
  • IMG_1498+t-min
  • IMG_1237+-min
  • IMG_1231+-min
  • IMG_1252+-min
  • IMG_1427+t-min
  • IMG_1261+-min
  • IMG_1268+-min
  • IMG_1277++t-min
  • IMG_1403+t-min
  • IMG_1328+-min
  • IMG_1410+t-min
  • IMG_1493+-min

白×青×茶でコーディネートされたリノベーションデザイン

ブルーグレーのアンティーク調のドアがガーリーな印象を与えます。2室を1室に繋げ、パーテーション構成を見直したマンションLDKリノベーションプラン。
10.2帖の引き戸の向こうは4.3帖。2.2帖のウォークインクローゼットも魅力的です。
眺めの好いバルコニーからは、晴れた日には東京都目黒区にいながら富士山まで見えてしまうほど。
サニタリー、トイレ床のチェック柄も、かわいらしい演出です。

「外を閉じて内に開く」壁の位置を再構成

以前は玄関と居室とに仕切りはなく、ドアを開けると室内が見えてしまうプライベート性に欠けた間取りでした。
そこで境界線として、あえて壁を設けて廊下をつくり、直線的に視界が抜けない形へ変更しました。
目隠しとして機能させつつ、キッチンを囲む壁でもあるので、空間を独立させる役割も持ち合わせています。
反対に、LDKとベッドルームの間にあった壁は取り払い、引戸の開け閉めでレイアウトできるようにして、こちらは「抜け感」を高めました。
光と通気性に優れ、せっかくの高層階からの景色も窓一面で眺められます。
外からの「抜け」を遮断し、内への「抜け」をオープンにすることで得られる安心感は、居心地の良さや新密度へと繋がってきます。
そんな「自分だけの空間」を存分に楽しむことのできるリノベーション空間です。

物件名
Bマンション

所在地
東京都目黒区碑文谷

構造
RC造7階建

築年月
1978年2月

専有面積
42.00㎡

総工事費
298万円

After
施工後プラン
Instagram
ページのトップへ