白床×アイランドキッチン。循環のシロガネイズム

東京都 品川区 マンションリフォーム・リノベーション


  • IMG_3217+-min
  • IMG_3213+-min
  • IMG_3236+-min
  • IMG_3223修正t
  • IMG_3224+-min
  • IMG_3234修正-min
  • IMG_3263修正t
  • IMG_3192+-min

玄関から感じられる「繋がり」と「広がり」

3つの居室が断続的に並んだだけの、どこか閉そく感のあった以前の間取り。
ドアや壁は、生活における「私」を守ってくれますが、ときに「視」をわずらわす遮蔽物ともなります。
そこでリノベーションによる自由度をフルに生かし、パーテーションレベルを微調整することで直線的に視界が抜け、さらに畳とフローリングが混在する空間をフロアタイルで統一。そこから生まれる解放感は、玄関の扉を開けた瞬間から感じられるでしょう。渋みのある淡い褐色のフロアタイルを選び、空間の表情に柔らかさが感じられるよう演出しました。それが玄関から途切れずに続き、空間認識に自然な「繋がり」と「広がり」をもたらしてくれます。

再配置された水廻り 見直された生活動線

水廻りを再配置し、生活動線もスムーズに。アイランド型キッチンを中央部に設けることで、文字どおりここが生活の場の中心となるようにしました。視界も広々とし、風通しのよい場所で、気持ちよくお使いいただけます。
また玄関真横にあった洗面台を個室にしまいこむことで、生活動線に無理のない自然さが生まれます。
以前のまま残した大きな出窓をどう使うか、そういう“楽しむ余地”も残してあるので、自由度の幅を感じながら縛られずに暮らすことのできる快適空間に仕上がりました。

物件名

Aマンション

所在地

東京都品川区上大崎

構造

RC造地上3階建地下1階

築年月

1969年

専有面積

26.58㎡

総工事費

240万円

Before
施工前プラン
After
施工後プラン

RECOMMEND

他にもこんな事例あります。

Cuestudio 事例一覧へ戻る 〉

Instagram
ページのトップへ
現住まいでリノベへ
中古物件探しからリノベーションを始めたい
お問合せ・資料請求へ