建築家×Cuestudioコラボレーション 定額制リノベーション新サービスを開始しました

  • コラム
    ┃2017/08/01


建築家×Cuestudio 定額制リノベーション新サービスを開始します

WEB・広報担当高崎からお知らせいたします。

この度、若手建築家・藤田雄介氏が主宰する建築デザイン事務所CampdesignとCuestudioがコラボレーションし、定額制パッケージによるリノベーションスタイルの新提案をスタートさせます。

 

【コラボレーションリノベ特設サイト】

http://www.balleggs.com/campdesignxcuestudio/

 

Campdesignの建築家らしい「自由で縛られない空間づくり」と、Cuestudioの「ライフスタイルに合わせた住まいづくり」を融合させた新しいリノベーションのサービスです。

 

リノベーションをもっと身近に感じていただけるよう、分かりやすい「定額制パッケージ」というカタチにし、つくる楽しさや選ぶ楽しさを感じられる魅力がたくさん詰まったプランとなっています。

さらに、これまでリノベーションに興味があっても、費用の面で断念していた方や、住まいづくりの知識の不安などにより今一歩踏み込めなかった方でも、安心して始めやすい価格設定・プロセスと感じていただけるよう尽力いたしました。

 

renovationcolumn007photo01

 

今回のコラボレーションリノベーションの中でも特徴的なところは、Campdesignの手掛ける建具ブランド「戸戸(こと)」シリーズの木製引戸を取り入れていることです。

戸戸の木製引戸は見た目のインテリア性に優れているだけでなく、木のあたたかい素材感をそのまま封じ込めたようなやさしい印象を与えます。

洗練されたプロダクトデザインですが、どこか私たちが慣れ親しんだ昔懐かしい日本家屋の風景のような味わいもあり、それは藤田雄介氏が理想とする“住まいのカタチ”に繋がってゆきます。

 

建具ブランド「戸戸(こと)」WEBサイト

 

【建具「戸戸(コト)」WEBサイト】

http://koto.tools/

 

襖や格子戸、ガラス戸。

かつての日本家屋には、たくさんの“引き戸”が使われていました。

表の間と団らんの間を分けたり、天気の良い日は入側縁のガラス戸を開け放ったり。

シーンに合わせて仕切りを変えられる使い勝手の良さ(自由度の高い間取り構成)は、ながく日本人の暮らしに根付いてきました。

昔ながらの日本家屋の特徴が、「刷新する」リノベーションの意味合いと、実は多く共通点があることが分かります。

 

 

リノベーションパッケージ参考事例2

 

建築家らしい洗練されたセレクト素材を楽しみつつ、間取りは完全自由設計のため、打合せにてヒアリングした上でお客様のご希望を反映した設計プランニングをさせていただきます。

オプションも様々なご要望にお応えできるよう、グレードやカラーバリエーションを取り揃えているほか、

「小上がり」、「造作棚」、「サンルーム(戸戸の場合、縁側というほうが近いかもしれません)」など、“つくるオプション”もご用意しています。

 

今後はCampdesign藤田氏とCuestudio代表澤田のコラボサービス製作秘話を含めた対談インタビューの公開や、ショールームにて随時、仕様素材やパーツの展示なども予定しています。

 

新サービスはもちろん、今後の展開にも是非ご期待ください。

RECOMMEND

他にもこんな記事あります。

Instagram
ページのトップへ
現住まいでリノベへ
中古物件探しからリノベーションを始めたい
お問合せ・資料請求へ