イベントレポート 「DIY体験!大工さんとテーブルづくりワークショップ」

  • イベント
    ┃2017/09/12


イベントレポート 「DIY体験!大工さんとテーブルづくりワークショップ」写真00

こんにちは。WEB担当の高崎です。

今回は8/26(土),9/9(土)の二開催で行いました「DIY体験!大工さんとテーブルづくりワークショップ」の模様をレポートします。

 

会場はもちろんCuestudioショールーム@目黒・学芸大学。

アウトドア好きな大工職人さん川田先生と、DIYリノベ女子ーズの設計・浜田。

すっかりお馴染みのコンビになってきましたね(私は前後の準備と、本番はもっぱら写真係り)。

イベントレポート 「DIY体験!大工さんとテーブルづくりワークショップ」写真01

イベントレポート 「DIY体験!大工さんとテーブルづくりワークショップ」写真02

 

アウトドアシーンで使えるウッドデッキテーブルをDIYでつくる。

今回のテーマはキャンプやピクニック、もちろん子供部屋などの室内で使っていただいてもOKなテーブルです。

持ち運びのことを考えて、脚部と天板は固定しない組み立て式にしました。

はじめに安全の注意呼びかけや道具の使い方を説明した後、いざ開始。

まずは使う木部全てにやすりがけしていくところから始まります。

角を取って滑らかにしていくわけですが、これがけっこう大変なんです。

イベントレポート 「DIY体験!大工さんとテーブルづくりワークショップ」写真03

次に脚部をビス止めしていきます。

インパクトという機材を使って、親子や兄弟姉妹で協力してひとつひとつ止めていきます。

 

少し話がそれますが、この工程は、私の個人的に好きなシーンのひとつでもあります。

お父さんお母さんが後ろからお子様の身体を支え、機械を握る小さな手に手を重ねて、力を合わせてつくっている様子がなんとも微笑ましいんです。

このインパクトは比較的扱いやすい安全な機具なのですが、ガガー!っとけっこう派手な音がします。

お子様がおっかなびっくりしながらも「できたー!」と表情をほころばせる瞬間はもう堪りません。

ファインダーをのぞきながら、ついにんまりしちいます。

 

にんまりショット①
イベントレポート 「DIY体験!大工さんとテーブルづくりワークショップ」写真04

にんまりショット②
イベントレポート 「DIY体験!大工さんとテーブルづくりワークショップ」写真05

にんまりショット③
イベントレポート 「DIY体験!大工さんとテーブルづくりワークショップ」写真06

うーん。どれもにんまりです。

 

リノベーションにも通じる塗装の個性。十人十色のDIY!

さて左右の脚部が終わったら、天板をつくります。

三枚の板を横につなげ、金づちで叩きます。

ここの叩きが甘いと、後で脚部と上手く組み合わさってくれません。

イベントレポート 「DIY体験!大工さんとテーブルづくりワークショップ」写真07

そこが上手くいけば、いよいよ塗装!

色を決めるのは、子どもたちは本当に早いです!

迷いなくぱっと決めちゃう。

イベントレポート 「DIY体験!大工さんとテーブルづくりワークショップ」写真08

板で塗り分けカラフル。

イベントレポート 「DIY体験!大工さんとテーブルづくりワークショップ」写真09

部位で塗り分けカラフル。

イベントレポート 「DIY体験!大工さんとテーブルづくりワークショップ」写真10

今回はオイルステイン塗装も。

イベントレポート 「DIY体験!大工さんとテーブルづくりワークショップ」写真11

クリア塗装もご用意しました。

ごてっとしたペンキとはまた違い、木の素材感の残る風合いもいいですね。

乾いたら完成! 皆様お疲れ様でした!

 

ちなみに、Cuestudioショールームのキッチン背部建具もDIY塗装をしています。

こちらが無垢の建具を使用している様子↓

イベントレポート 「DIY体験!大工さんとテーブルづくりワークショップ」写真12

こちらが塗装の建具を使用している様子↓

イベントレポート 「DIY体験!大工さんとテーブルづくりワークショップ」写真13

ずいぶん空間の印象が変わりますよね。どっちも捨てがたい!

好みやお部屋全体のコーディネート次第だと思いますので、イスやテーブルに慣れてきたら、ドアや床などに挑戦してみるのもいいですね。

 

DIYは男性・女性・子ども。分け隔てなく楽しめる万能コミュニケーションツール。

定期的に開催しているワークショップですが、やっていると、いろんな親子のカタチがあるんだなあというのがすごくよくわかります。

途中で飽きてしまい、ぷいーっとどこかにいってしまう子もいれば、ペンキを塗りたくて仕方なくて、とにかくたくさんの色を使おうとしてお母さんに制止されている子もいます。

正解はありません。好きにつくって、好きに飽きればいいんです(笑)。

そういう趣旨でやってもいます。ケガだけはしないでね~、と決まりごとはそれだけです。

 

お父さんお母さんとお子様が一緒に進めて決めていくこと。

その出来るまでのプロセスや時間を共有することが一番大事なことじゃないかなあと。

ご家族のコミュニケーションの場として、ツールとして、このCuestudioワークショップがお役立ちできているなら嬉しいです!

 

しかもイスやテーブルをつくって、おうちで使う。

そこでもコミュニケーションが生まれますよね。

仕事で来れなかったお父さんや、家で待っているお祖父ちゃんお婆ちゃん、遊びに来たお友達に見せてあげたりして。

もちろんお子様連れでない方にもこれらは当てはまります。

ご自身のインスタグラムやフェイスブックに載せて、そこでもらうコメントも立派なコミュニケーションです。

 

DIYに年齢は関係ありません。

ひきつづき男性お一人、女性お一人のご参加もどしどしウェルカムです。

既存のものを買うよりもずっと愛着が湧き、そういう住まい方は、おカネやモノが沢山あるというのとはまたちがった意味で、生活を豊かにしてくれます。

こういう機会が、やがて住まいづくりをする際のきっかけになっていただけたら。

 

DIYやリノベーションの面白さを、ファミリーだけでなく単身の方やDINKsの方にも感じて欲しい!

イベントレポート 「DIY体験!大工さんとテーブルづくりワークショップ」写真14

というのも、今回のようにDIYワークショップには女性の方の参加が圧倒的に多いのに、リノベーションや不動産購入など住まいに関わるご相談が多いのはやはり、“男性”だったりします。

とくに晩婚化傾向にある都心部、DINKs層の拡大など多様なライフスタイルが選択肢としてある昨今。

女性でも資産形成を考え、中古マンションを所有したり、リノベーションをしたりというケースも徐々に増えてきています。

しかしやはり一般的に浸透しているとは言いがたいのが現状。

とすると、中にはリノベに興味があっても、いきなり不動産屋や工務店のドアをノックして、「自分の気に入った住まいがつくりたいんですけど」というのはちょっと抵抗が……。

と、感じている女性の方も少なからずおられるのではないでしょうか。

 

Cuestudioには女性向けリノベーション相談窓口もあります。

 

《9/9~10/28 女性向けリノベーション相談会講座(個別無料)》

9/9~10/28 女性向けリノベーション相談会講座

http://www.balleggs.com/event/consultation/8974/

 

Cuestudioの女性設計士が女性ならではの住まいづくりをお手伝いしますよ!

まさにリノベ好き女子のリノベ好き女子によるリノベ好き女子のための相談会。

ちょっとお知らせになってしまいましたが、以上今回のイベントレポートでした。

 

次回のDIYワークショップは10月下旬頃を予定しております。

ぜひお楽しみに!

RECOMMEND

他にもこんな記事あります。

Instagram
ページのトップへ
現住まいでリノベへ
中古物件探しからリノベーションを始めたい
お問合せ・資料請求へ